花の壁飾り そのままドライになるクリスマスのスワッグ作り

小野寺千絵(花屋「marmelo」店主)

「スワッグ」とは、花で作った壁飾りのこと。

そう聞くと「ちょっと難しそう」と感じるかもしれませんが、スワッグは花束のように好きな花や葉を束ねてそれを壁に掛けて楽しむのが基本形。

作り方さえわかればとっても簡単にできちゃいます。

そんなスワッグの作り方を、人気の花屋さんたちに教えてもらいます。

壁に飾っておけばそのままドライフラワーになる過程も楽しめて、ドライになったスワッグは生花とはまた雰囲気が変わり魅力的。香りのよい葉やハーブで作れば、自然のアロマも楽しめます。

  

小野寺千絵/おのでらちえ

下北沢の「flower bar GARDENA」にて様々な花仕事・バーテンダーまでをこなし独立。2014年9月、京王井の頭線「池ノ上」駅近くに自店「marmelo(マルメロ)」をopen。店頭販売以外にも、イベント出店や装花・植栽まで、花植物の何でも屋さんとして活動しています。

日 時:11月17日(土) 14:00~15:00
時 間:1時間(片付け時間込み)
定 員:12人
参加費:5,400円(材料費含む)
対 象:10歳以上
持ち物:なし

チケットの購入はこちら >